fc2ブログ

ベルリン2日目~買ったもの編~

今日は頑張ったー!

途中から両肩痛くなってきて、あー1年ぶりの痛みーと思ってました









ベルクマン通りの帰り道、サッカーの試合をやってました。



ヘルタベルリンではなかろうかと見たけど、まあ多分高校生の試合でした。
でも、けっこーみんな立ち止まって見てる人が多く、やっぱサッカーとビールの国だなーと思った!





今日の夕飯!
当たりレストランー!

ベルリン2日目~蚤の市編~

今日は日曜日!
昨日の分も頑張るぞー!

ということで4つの蚤の市に行ってきました

1つ目はオストバーンホーフの蚤の市

ここは、去年も行ったけど去年はほぼ終わりかけでイマイチ見れなかったところ。
今日は朝一で行けたー^ ^



ここは、業者と一般人?が入り混じってて、私的にはメイン通りじゃない脇の広場でやってるお店が◎

久々に切手もゲットー



ベルリン名物カリー(ソーセージにケチャップとカレー粉をかけたもの)を実は初めて食べれて大満足




2つ目はナウケルン蚤の市
ここは完全にネットで調べて(ドイツ語のホームページを翻訳機能で読み解く)行ったので、場所とか曖昧だったけど、すごい規模だったー!




ここは完全に一般人のフリーマーケットが主で、若い人が洋服を出してる店が一番多い。自分で作ったアクセサリーや布物を売る人もー

洋服は古着屋でも始めないとなかなか難しいので、スルーしてたけど、ほとんどの店がちょっとだけ食器とか雑貨類も売ってて、それを物色するのが楽しい!
みんないい感じのものを持ってるよねー



超穴場だと思って行ったのに、なぜか日本人をちらちら見かけて、最後には女の子達で出店してる強者も!
なになに住んでるの!?
声かければ良かったな~




3つ目はベルクマン通りの蚤の市



小さな公園の脇でやっていて、周りにはちょこちょこ可愛いお店もあって、のんびり感がとても良い雰囲気。
テントも可愛い。


ここでは子ども関係のものを色々手に入れました


ここも市民の出店が主で、自分の子どもが使わなくなったもの等多い。


日本人、特に最近は、子どもにはオーガニックのものしか渡さない!
て人も多いかなーと思って、一応、普通の人がインテリアでも使えるものを。汚れとか殺菌とか気にしないで使ってくれるといいけど




4つ目はマウアーパークの蚤の市
ベルリンで最近は一番有名で、どのガイドブックにも載ってるところ~
行くか悩んだけど、ここは18時までやってるってことで夕方から参戦!



やっぱり日本人もその他の国の観光客も多い。ハウマッチって聞いてたら観光客って分かる。

ここは規模も大きくて、たぶん日本でいう代々木公園のフリマみたいな感じだと思う。




去年来た時はハンガーのみ買って(その時の記事)、そのハンガーがまた欲しかったんだけど…



なかった


まあでも色々ゲットー



今日は今までトラムにはなかったものに色々挑戦できて良かった!

あと気になってるのは目覚まし時計!電池を入れれば動くのか、という英語がいつも分からず聞けないで買えないでいる…

ベルリン1日目~買ったもの編~

本日買ったもの~




手抜き報告ですみません。



いっつも間違ってしまう水。

炭酸入りと普通のがあって、普通のがほしくて、スーパーでひっくり返してみて、よし泡なさそう!って買って帰って開けてみると、しゅわしゅわ~ あーまた間違えた!

確か緑のキャップと青のキャップで見分けるとかだったけど、じゃあ、青のキャップを買う!と覚えよう。

ベルリン1日目~番外編~

2か所目のシェーネベルグ市庁舎蚤の市に行く時に、すごい出会いがありました!


最寄り駅に電車から降り立ち、右に行くか左に行くか地図を広げて悩んでいたら、男の子2人が話しかけてくれました。
シューネベルグ市庁舎だと言うとこっちだと案内を始めてくれました。


「チャイニーズ?」
「ノージャパニーズ」
「オーアイアムコリアン」
「オーリリー?」
「アーユートゥーリスト?」
「イエス、アイカムトゥデイ」
「オー」
「アーユートゥーリスト?」
「ノーアイリブベルリン」
「へーアーユースチューデント?」
「ウーン、アイプレイサッカー」
「リリー?サッカープレイヤー!?ワットチームネーム?」
「ヘルタベルリン」
「リリー!?アイライクサッカー!」
「オージャパニーズ、オカザキ!」
「イエスオカザキ、アンドハセベ!」
「オーハセベ!イエスイエス」


おそらく、ヘルタベルリンの正規メンバーではなく、ユースとか強化選手?とかそんな感じだと思う(調べたらメンバーに韓国人はいない)けど、まさかの出会い!
もう一人の男の子もそうなのかは分からなかったけど、あー写真一緒に撮ればよかったーと後悔中。



市庁舎への行き方も教えてくれて、とても良い出会いでしたー

ベルリン1日目~蚤の市編

ベルリンではおそらく20以上の蚤の市が毎週末行われてるんだけど、その8割方は日曜日のみの開催。
なので、今日はありがたく土曜日も開催している蚤の市(できれば4つ)を潰す予定にしてました!


しかーし、
トルコ航空が約40分遅延し、ベルリンに着いてから両替に手間取ったりで、結局1時間ロスしてしまい、結局2か所しか回れませんでした


1か所目
フェアベリナープラッツの蚤の市


あーこの感じ1年ぶり!


出店数は30、40くらいかな。数は程よく見やすい。
雑貨系、服系、マニアック系など色々あって掘り出す感じ。
値段は聞いてみないと分からない。
これは高そうだなーというものが安かったり、これは1ユーロぐらいだろうと思ったものが8ユーロとか言われたり…
駅前の公園なので行きやすさ、のんびり感は◎


2か所目
シェーネベルグ市庁舎前の蚤の市

この感じ最高。
古い美しい建物の横で当たり前のように毎週蚤の市があって、みんな今日は暇だし蚤の市でもちょっと行くかっていう感じ。
すごい贅沢なのにそれが普通。

いいなーベルリンっこは!


ベルリンっこは古本が好きすぎ。古本コーナーが一番人が多い。
私は読めないから、どーしてもスルーしてしまうエリア。

ベルリンといえばクマ~


私はこの市庁舎前の蚤の市大好きでした。
出店数は70、80くらい?
ベルリンてたぶんトルコ人?が多くて、街中にもケバブ屋がやたら多い。
蚤の市でもドイツ人がやってる店とトルコ人がやってる店がある。
ドイツ人の店はけっこう綺麗に並べられてて値段もするものが多かったりで、一方のトルコ人がやってる店は割れてるものや不良品も多いんだけどその中から掘り出してまとめて持って行くと「で、あんたは全部でいくらがいいの?」と聞いてくる。
ガラスだろうと陶器だろうと基本包んではくれないからペーパーをくれと言って貰うかその辺に散らばっている紙で包んで持って帰るスタイル笑

どっちのスタイルもそれぞれ良さがあるから、どっちも程よくあるこの市庁舎前の蚤の市は良いし、何よりこの贅沢な環境がすごい良かったなー^ ^
掘り出すことが好きな人にはいいと思う!



2か所だったけど、なかなか満足な初日でした~
GO TOP