FC2ブログ

チャルカのトークショー

先日、私の大好きな「チャルカ」の雑貨旅本の出版記念トークショーに行ってきました

前もこのブログで少し書いたけど→ドレスデン二日目~蚤の市*
チャルカとは大阪にある東欧雑貨と喫茶をやっているお店で、今年で14年目!
雑貨屋ってなかなか続けていくのが大変だと思うんだけど、
チャルカは常に深化していってる感じ(最近しか知らないけど・・)


なによりチャルカは、東欧雑貨をいち早く取り扱っただけでなく、
お店での企画展やワークショップ、そして私が東欧に行きたいと思うきっかけとなった
「東欧買い付けツアー」を企画実行しているのです

今では雑貨屋やカフェでの展示とか参加型のイベントってよく見かけるけど、
当時はきっと他には余りなかったはず。


そして「東欧買い付けツアー」は何年も行きたい行きたいと思っていて、
でもスケジュールもお金もないし・・
と思っていたら、、

行く時間が出来た!
個人で行っちゃえ!

という感じで出かけたのでした。


前置きが大変長くなりましたが、チャルカのもう一つ凄いのは、
本をいろいろ出していること。
IMG_3482.jpg
中でもこの東欧雑貨買いつけ旅日記は、読んだらニヤニヤワクワク間違いなしの本です

今回は左のオレンジ本が8年前に出版され、いろいろ東欧事情もチャルカの思いも変化があるということで、
通称からし本の2が出版され、店主の久保さん他2名のトークショーに行ってきました。



チャルカの店主・久保さんは、最近はドイツ、チェコ、ハンガリーはもちろんのこと、
さらに奥深いルーマニアのトランシルヴァニアという地域に夢中のようです。
IMG_3489.jpg
色々な歴史があって、今はルーマニアだけどハンガリー人、ハンガリー文化が
今のハンガリー以上に残っている地域だそう。


東欧の昔ながらの暮らしをみんな普通に今もしている感じ。
のんびりゆったり穏やかに。
ヤギ使いのとかも健在だそうで!ハイジのペーターしか知らなかったー

IMG_3490.jpg
最近は雑貨うんぬんというより、その雑貨の後ろ側?にある
東欧の方々の暮らしぶりや刺繍やボタンを作る人、そもそもの意味など、
もっと深い部分を追いかけているみたいです。

確かに雑貨って=日用品だから、現地の人にとっては当たり前にあるものだよね。

チャルカのお店は、引っ越し予定だそうでhttp://blog.charkha.net/
新しいお店ではそんな感じが強くなるんじゃないかなーと勝手に想像中。



東欧の急成長や昔ながらの素朴さがだんだんと無くなって寂しいという声もきくけど、
とりあえず私は、自分はまず楽しもうと思ってます!
私はまだまだ人々の生活をのぞき見するまでに至ってない(語学力も・・)し、
TORA.MはTORA.Mの道を歩むべし!です。
IMG_3488.jpg
からし本で私が一番好きな写真
グラス可愛すぎ

※写真は全て「チャルカの東欧買いつけ旅日記2」から引用させていただきました。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP