2日目大騒ぎの夜が明けて

1日目からの続き。
結局、深夜バスを乗り継いで宿の最寄り駅で無事下車!
しかーし、そこからが大騒ぎでした



満月だなーとか思いながら呑気に宿がある通りに行くと、
真っ暗!!

なんとか宿を見つけたのですが、宿も同じく真っ暗!
受付も何もない感じで…やばーい

元々の到着が遅くなりそうだったので、翻訳サイトを駆使して、事前に何とか対応してねってメールまで送っといたのにーダメなのかー
ふえーん



仕方なく宿の隣にあったケバブ屋さんへ。
お姉さんがいたから何とか安心して(女性がいると何となく安心♡)、
「ホテル、クローズ…!」
「オークローズ!?」
「アイウェイトモーニング.ウェンユアショップオープン?」
「ファイブオクロック」
ということで、全く食べたくないケバブを一応頼んで、およそ3時間待つことに。
てか5時に開くのかなー



Wi-Fiと充電を確保して日本のみんなとこのトラブルを連絡。
ネットって心強い!


それにしても、バスも来なかったし、空港で両替も出来なかったし、今回はやばいなー明日の蚤の市回り、寝ないで参戦して変なものばっかり買わないだろうかー
とか心配しつつ、
とりあえずは両替だけでもなんとかしようと思って、すぐ近くにあった銀行の24時間ATMへ。
ブダペスト市内はWi-Fi対応が凄くて、銀行にも無料Wi-Fiが飛んでるので、ATM表記の意味を調べながら何とか両替できた
良かったー


ケバブ屋さんに戻る前に、ちょっともう一回宿のとこ行ってみよう!
と思って、よくよく見てみると



インターフォンと受付は8階という表記を発見
夜中の4時だけど…いいやとりあえず押してみよう!

そしたら…

お姉さんがでた



そう、最初からこのボタンを押せば良かったようです……
だってー真っ暗だったんだもんー
初めてホテルじゃなくてアパートメントタイプに泊まってみたかったんだもんー


とゆーことで、4時半になんとかベッドに入り、8時からの蚤の市に向けて少しだけですが爆睡できました!

あー良かった

皆様本当にお騒がせしました~


蚤の市編に続くよ~
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP