FC2ブログ

2日目Futball!

ついに念願のサッカー観戦@ヨーロッパ!果たしましたー!


観るまでの苦労を書かせて下さい!

8/10に行われるフェレンツバーロシ(ブダペストのチーム)対チェルシー(イングランドのチーム)の試合を見るべく、事前にチケットをネット予約していました。

しかし、情報に寄ると、試合を見るにはサポーターカード?なるものを作る必要があるとのこと。
19時からスタートとのことなので、18時くらいにスタジアムに行きました。


フェレンツバーロシのチームカラーは緑のようです。



メディアも沢山来てました!


さてさて、とりあえずネット予約の紙は持ってるけど、たぶんこれだけじゃダメなんだろうな~と思いながら、とりあえずゲートへ。

ゲートはいかついお兄さん達だらけ。

聞いてみると、やっぱりカードがないとダメとのこと。
カードはどこで作れるのか聞いても、警備のみで雇われてるお兄さん達は分からないとのこと。

それっぽいブースがあったので、
しばし並んで、入る時にお兄さんに聞いてみると、ここじゃなくてチケット売り場に行けとのこと。

えーそうかなー!?と思いつつ、とりあえずチケット売り場に行くと結構な列。
大柄なサポーターに囲まれながら30分ほどかかってようやく私の番。

しかーし!窓口のお姉さんに、ここじゃなくあっちのロングラインに並べとのこと。
まじー!?お兄さんここって言ったのにー
この時点ですでに19時過ぎていて歓声とか聞こえる。

くそーここまで来て見れないのかー?と思いながら、またまた20分程の列に並んで、ようやくカードが作れるとのこと!
カードを作るには手のひら認証やら顔写真やらを取られて1000フォリント(500円)を払って

ようやくゲットーー!!


急いでゲートへ

カードの認証とボディーチェックを受けてようやく入場~^ ^


実は今回の試合、
フェレンツバーロシの新スタジアムの完成を祝ってチェルシーを招いての練習試合だったようです!



パンフレットとこんな記念プレートまで頂く。



席は安めのゴール裏だったので、こんな感じの自由席。

ちゃんとした席もあるよ。


てっきりもう試合は始まっちゃってるかと思いきや、記念のセレモニーが行われていました!




↑選手入場の直前。ピッチにはマスコットキャラがポツンとかれこれ5分くらい立っていて、すごい面白かったです^ ^


結局21時に試合開始~!
フェレンツバーロシの選手は誰一人知らなかったけど、チェルシーにはドログバ、シュールレ、オスカルなど知ってる選手が沢山!^ ^

途中から前日の睡眠不足が響き、睡魔との戦いになりました笑


試合は1-2でチェルシーの勝ち。
残念でした~


念願のサッカー観戦、本当にできて良かったです

2日目いざ蚤の市へ!

なんとか2時間ちょっとの睡眠を取って、お待ちかねの蚤の市へ向かいました~!

去年も行った市民公園でやってるペトフィ蚤の市です



本当は今日はエチェリの蚤の市にも行くつもりだったけど、雰囲気的にはペトフィの方が業者ばかりじゃなくて好きなので、 今日はペトフィのみをのんびり見ることに~
前回のベルリンが慌ただしすぎたし、昨日のもろもろで疲れてるし…笑


去年行った時から1年以上経ってるのに、2回目だと、大体この辺はこーゆーお店だったなとか、この人のお店はこっちに移ったんだとか、分かる自分にビックリしました!



嬉しいことにおばちゃんも私のことを何となく覚えててくれました
そして、今回は少しですがハンガリーの刺繍について勉強していったので、それが嬉しかったらしく、おばちゃんが本をめくりめくり、沢山説明してくれました!


次会う時はさらに色んな話ができるといいな~^ ^


そしてもう一人別のおばちゃんと出会ったのですが(写ってないけどこのお店のおばちゃん)、まさかの私のアパート興味あれば次来る時泊まればいいわよとのこと。


名前と電話番号とメールまで教えてくれた。場所を聞くとブダペストのなかなか良いところ。

たぶんお世話になることはなさそうだけど、すごいなー
会ってわずか5分くらいの私に。

セールスなのかもだけど、でもでも普通にその親切心が嬉しい


その後、美味しいアイス屋さんに行って、


ワインのアイス!(ハンガリーはトカイワインというのが有名なため)


ネットでフリマ情報を見つけていたので、行ってみました~^ ^


なかなか観光客で賑わってる。
普通の蚤の市と違って、色んな作家さんの出店が多い感じ。


アクセサリー、絵、石けん等

ちょっとだけ蚤の市のアンティークっぽいお店もあったけど、めちゃ高でした。


そんな中で私がテンション上がったのはこのお姉さんのお店!



お姉さんが描いてデザインしたトートとかシールとかがあるんだけど、
このシールがツボ過ぎ~^ ^


1列ごとにスパイス、シード、アクセサリー(コーヒーとか)等に分かれています。
文字がハンガリー語なので、半分以上が何なのか分かりませんが、デザインがとにかく好きで、色々と買い込みました
お姉さんに日本であなたのことを日本で紹介して良いか聞いたら、ぜひぜひ!とのことだったので紹介しまーす


あとTORA.Mの店頭でも販売しますのでお楽しみに~

2日目大騒ぎの夜が明けて

1日目からの続き。
結局、深夜バスを乗り継いで宿の最寄り駅で無事下車!
しかーし、そこからが大騒ぎでした



満月だなーとか思いながら呑気に宿がある通りに行くと、
真っ暗!!

なんとか宿を見つけたのですが、宿も同じく真っ暗!
受付も何もない感じで…やばーい

元々の到着が遅くなりそうだったので、翻訳サイトを駆使して、事前に何とか対応してねってメールまで送っといたのにーダメなのかー
ふえーん



仕方なく宿の隣にあったケバブ屋さんへ。
お姉さんがいたから何とか安心して(女性がいると何となく安心♡)、
「ホテル、クローズ…!」
「オークローズ!?」
「アイウェイトモーニング.ウェンユアショップオープン?」
「ファイブオクロック」
ということで、全く食べたくないケバブを一応頼んで、およそ3時間待つことに。
てか5時に開くのかなー



Wi-Fiと充電を確保して日本のみんなとこのトラブルを連絡。
ネットって心強い!


それにしても、バスも来なかったし、空港で両替も出来なかったし、今回はやばいなー明日の蚤の市回り、寝ないで参戦して変なものばっかり買わないだろうかー
とか心配しつつ、
とりあえずは両替だけでもなんとかしようと思って、すぐ近くにあった銀行の24時間ATMへ。
ブダペスト市内はWi-Fi対応が凄くて、銀行にも無料Wi-Fiが飛んでるので、ATM表記の意味を調べながら何とか両替できた
良かったー


ケバブ屋さんに戻る前に、ちょっともう一回宿のとこ行ってみよう!
と思って、よくよく見てみると



インターフォンと受付は8階という表記を発見
夜中の4時だけど…いいやとりあえず押してみよう!

そしたら…

お姉さんがでた



そう、最初からこのボタンを押せば良かったようです……
だってー真っ暗だったんだもんー
初めてホテルじゃなくてアパートメントタイプに泊まってみたかったんだもんー


とゆーことで、4時半になんとかベッドに入り、8時からの蚤の市に向けて少しだけですが爆睡できました!

あー良かった

皆様本当にお騒がせしました~


蚤の市編に続くよ~

1日目ブダペスト到着

ロンドンから乗り換えて…


ブダペスト到着~!

実は到着が夜中12時。
事前に空港からホテルまでの送迎をネット予約してたんだ~^ ^
出口に私の名前を持って待ってる人がいるはず!



と…思ったら…


いない!
どこを探してもいない!


ひーどーしてー
色々聞いたり、もう一つのターミナルに行ったり、してみたけどダメだ見つからないー
現れない場合は電話してくれって書いてあるけど、英語だし海外で電話したことないし…



結局、深夜バスの乗り継ぎで市内まで行けるし、同じく深夜バスで行く人もいるし、ということで深夜バスにしました。

タクシーもあったんだけど、なんか怖いし、そしてめっちゃ並んでたー

前回も空港から市内まで上手く行けなかったなー過去ブログ
今後、さすがに深夜到着の便はやめようかな…一日が長くて疲れるし。

1日目ロンドン乗り継ぎ

トラム買い付け旅2014年夏、出発しています!

ただ今ロンドンで乗り継ぎ中~
もともと5時間もあるのに到着が早まったもんだから6時間もヒマー

今回はブリティッシュエアウェイズでブダペストまで行きます

ブリティッシュエアウェイズの驚きは機内で充電が出来た!!
PCやらUSBやら刺せるとこが各座席に付いててまさかと思って刺したら充電開始~
これって普通!?
BA(ブリティッシュエアウェイズはこう略すそうです笑)のお姉さんが、『ヒースロー空港はチェックが厳しくて充電が切れている携帯等も持込ませんので』って言ってて、全然意味が分かんないし、しかも充電あんまりないなーって思ってたからラッキーでした

電池切れを持ち込ませないのは、ケータイ型の爆弾持ち込み禁止だかららしい…
色々と大変だね。




最近はだいぶ飛行機旅にも慣れてきました
10時間前後の飛行機旅、初めの頃は、もうこの世の終わりかぐらい苦痛でした。
慣れていないせいで、自由に過ごせなかった&暇つぶしを持参していなかったからかなーと思います。
最近は、隣の席の人にどう思われるとかスッチーに変な顔されるとかも関係ない!と思うようにしました


私の飛行機での過ごし方~
座席は通路側を取る
トイレの関係上必須です。トイレに行かなくとも通路側の方が自由度が高くていいと思うなー
音楽を聞く、英語のニュースを見る、フライトマップを見る
座席に付いてる機械でやるのはこの辺。映画はほぼ見ないけど、今回は相棒があったから見た!
持参した本や雑誌を見る
今回はこれを持ち込みました。

ハンガリーの歴史面白い!図書館で借りた!
機内食は食べたいだけ食べて眠くなったら寝る
ただでさえ狭い空間に10時間以上拘束されるのだから、太るかなとか、今寝たら寝れなくなるかな、とかは考えない!欲に正直に過ごします笑

あと乗り継ぎ空港では
まず休む&洗顔、歯磨き、コンタクト挿入
人があまり居ないベンチとかを見つけてのびのびする。ひと段落したらコンタクトを入れて空港内散策スタート!ここでコンタクトを入れとくと最終地に着いた時にすぐ行動開始できる。空港内では、免税店とかではなく、本屋とかスーパーとかなんかぐちゃぐちゃしてる店とかをウロウロします笑


以上、どーでもいい私の飛行機あるあるでしたー

最後にロンドンヒースロー空港の風景を~

ハロッズ。チェック柄のポーチ買うか悩み中~

回転ずし!結構流行ってる~

まさかのオイスターバー!全く流行ってない…

ヒースロー空港はターミナルが5つもある!成田は2つ

WE LOVE RAIN.さすがイギリス~^ ^
GO TOP